Archive for 太陽光発電でここが良かった!

新潟での太陽光発電をより深く考えて見ましょう

太陽光発電というのは、発電量が気候に左右されるシステムですから、例えば新潟のように県内全体が豪雪地帯であったり、日本海側気候であるために、どうしても日照時間が少ないというデータを見ると、ちょっと設置を考えてしまうというのが、現状かもしれませんね。
とはいえ、だからといって県内に太陽光発電を設置している人がゼロであるという事もありませんし、別に国も効果が薄いという理由で補助金を出していないという現実もありません。
ですから、新潟での太陽光発電をより深く考えて見ましょう。
それによって、適していないとか意味が無いとか思い込んでいる人は、ちょっと検討してみる機会にしていただければ、幸いです。
例えば、新潟市のような中心部の場合、県内のレベルで考えれば、意外と雪が多くないですし、かつてよりも温暖化で気温もそこまで下がらなくなっています。
そう考えると、現在の気候条件でシミュレーションを出してみて、最低限の発電量があり、少なくともトータルで損をするということが無ければ、十分に太陽光発電を設置するメリットを受理できると、私は思います。
さらに山間部でも、雪は多いものの対馬海流の影響もあり、朝晩の冷え込みが、他の豪雪地帯や雪国ほどではなかったりします。
雪の質も、水分が多いものでガッチリと固まったり、氷のようなものではないので、それが現在のソーラーパネルにとって悪くないものであることをより深く、考えて検討の材料にしてみても、いいでしょうね。
この県は、日本海に島があったりして、本州とはまったく違う気候を擁していますし、さらに西側は、雪より雨のほうが多かったりもしますので気候条件が大きく変わってきます。
それらのエリアで考える場合でも、シミュレーションの内容やデータが大幅に変わってくることも予想できますので、少なくともこの県だから、頭から検討しないとか、あきらめるといった必要性が無い事は、確かな事実と言っても過言ではないでしょうね。

get( 'keyword', 3 ) ?>
get( 'comment', 3 ) ?>