高効率な太陽光発電システムのメーカー選び

太陽光発電システムのメーカーを選ぶ際、デザイン性の高さなどで選ぶのならば、やはり京セラでしょう。
しかし、効率の高さで選ぶのならば、パナソニックというメーカーもあります。
パナソニックというのは、ご存知のとおり、世界的に有名な家電メーカーです。
白物家電からAV機器まで、ありとあらゆる家電を製造しているメーカーです。
そんなパナソニックでしたが、一時期、家庭用太陽電池事業からは撤退をしておりました。
しかし、別の家電メーカーを買収したことによって、再び参入することとなりました。
別の家電メーカーの製品が、現在のパナソニックの主力商品となっております。
この太陽光パネルの特徴といえば、何といってもその発電効率の高さです。
パナソニック現在主力としているのは、「HIT太陽電池」というものです。
これは、単結晶シリコン太陽電池とアモルファスシリコン太陽電池を組み合わせた太陽電池です。
その発電効率というのは、最高で18.6パーセントを誇ります。
それだけ性能がいい太陽光発電システムということは、当然ながらその料金もお高いです。
導入コストとしては、おそらく最も高くなるのではないでしょうか。
しかし、効率がいいということは、太陽光発電を導入する家庭が増えるということでもあります。
HIT太陽電池の特徴として、熱に強いという特徴があります。
実は太陽電池というのは、暑いところよりも寒いところの方がよく発電してくれます。
ですので、意外なことに、沖縄よりも北海道の方が発電効率はよいのです。
そんな沖縄などの場合、発電効率のよいHIT太陽電池を使うメリットというのは大きいものです。
また、屋根が狭小であるという場合にも、この太陽電池は有効です。
少ない電池の数で、多くの発電をすることができますので、狭小住宅の屋根などにも、この太陽電池はぴったりといえることでしょう。
シリコン式太陽電池を大量に設置するよりは、少なくてもHIT太陽電池を設置したほうがいい場合もあります。

get( 'keyword', 4 ) ?>
get( 'comment', 4 ) ?>