太陽光発電システムの見積書

施工業者を選び、設置する太陽光発電システムのメーカーも決まれば、実際に工事をしてもらうことになります。
太陽光発電システムというのは、かなりのお金が出て行くものです。
そのため、事前に見積書というのが発行されるはずです。
もし、見積書を出さないような業者の場合には、真っ先にやめるべきです。
見積書を出してもらっても、見方が分からないという人も多いことでしょう。
見積もりを見る際には、1キロワットあたりの費用というのを出すといいでしょう。
その計算方法というのは簡単です。
「トータルの費用」を「システム容量」で割り算すればいいのです。
これで、1キロワットあたりの費用を出すことができますよ。
ちなみに、国の補助金の基準としては、この数字が60万円以下であることが条件となっております。
60万円以上の費用がかかるものについては、補助金が出ませんので、気をつけましょう。
前述した「トータルの費用」というのは、機器の価格と工事価格に分けられます。
機器の価格というのは、太陽電池だけではありません。
それ以外にも、パワーコンディショナーなど、太陽光発電システムを構成する機器全体の事を指します。
工事価格については、足場を組んだり、屋根を補強したり、架台を設置したり、補修工事をしたり、実際にパネルを設置する費用など、全てが含まれます。
1キロワットあたりの費用を安くするためには、太陽光パネルを多く設置することが有効です。
多くのパネルを設置しても、工事価格にあまり加算されることはありません。
プラスされるのは、機器の価格でしょう。
それでいて発電効率が上がるのですから、その結果、1キロワットあたりの費用というのは、安くなります。
もし、複数の業者で見積もりを取る際には、しっかり比較できるようにしましょう。
そのためには、搭載するシステム容量を統一して見積もりを出すことが大切です。
そうしないと、ちゃんと比較することができません。

get( 'keyword', 5 ) ?>
get( 'comment', 5 ) ?>